2015.11
16
Mon
CATEGORY: - | RE: 0 | TB: 0 | スポンサードリンク |

一定期間更新がないため広告を表示しています


2009.06
11
Thu
CATEGORY: ミステリ本 | RE: 0 | TB: 1 | 安井俊夫 | 09:32
JUGEMテーマ:読書
身長152cm、ショートへアに縁無し眼鏡を掛け、紐を通した警察手帳を首からぶら下げる。何処から見ても刑事には見えない。だが、そんな容姿に騙されてはいけない。それが捜査一課の福家警部補だから。その福家警部補が帰って来た。前作の『福家警部補の挨拶』に続く第二弾!『福家警部補の再訪』です。倒叙形式で描かれる本作でも、犯人は、それぞれの道での第一人者ばかり。

人気の遊覧船クルーズ中に警備会社社長が殺人を犯す『マックス号事件』をはじめ、 売れっ子脚本家・漫才師・フィギィアの造詣クリエイターとの頭脳戦。今回も福家警部補の推理が冴える―


大倉さんの文体、ストーリーの展開、事件の妙とキャラクターの魅力、それら全てが重なり合って、実に読みやすい文章になっています。ミステリに縁遠い方は、ここから入れば入りやすいかもしれないと、思うぐらい。

以前、NHKで『オッカムの剃刀』をドラマ化していた時にも感じたのですが、福家警部補のキャラクターに注目される事が多いようですが、それはフェイクですのでご用心。その陰に隠した、緻密で隙の無い論理の構築、あるいは真摯な推理こそが、彼女の魅力だと思います。また、漫才界や人気戦隊物のヒーローにも造詣が深い、要らん(笑)博識さこそが、彼女の推理の下地になっている事が、とても馴染みやすくて楽しい。お勧めの一冊でした。

次に福家警部補に会える日を、心から楽しみにしています。

2015.11
16
Mon
CATEGORY: - | RE: 0 | TB: 0 | スポンサードリンク |

« お大事に | MAIN | 模型中 »
Comments









Trackbacks
鑑識不在の状況下、警備会社社長と真っ向勝負(「マックス号事件」)、売れっ子脚本家の自作自演を阻む決め手は(「失われた灯」)、斜陽の漫才コンビ解消、片翼飛行計画に待ったをかける(「相棒」)、フィギ...
粋な提案 | at: 2012/07/24 5:54 PM